Thursday, February 7, 2008

Omar Rodriguez Lopez of The Mars Volta - Calibration



Add this myspace page to your friends list and tell them AstroNation sent you :)

http://www.myspace.com/omarcalibration

Buy Calibriation!

Calibration's All Star Personnel

* Omar Rodriguez-Lopez (Mars Volta, At The Drive In, De Facto) – guitar, synthesizer
* Cedric Bixler-Zavala (Mars Volta, At The Drive In, De Facto) - vocals
* John Frusciante (Red Hot Chili Peppers) - vocals
* Juan Alderete (Mars Volta, Racer X, Big Sir, Vato Negro) – bass
* Money Mark (Beastie Boys) – keyboards, synthesizer
* Thomas Pridgen (Mars Volta) - drums
* Tina Rodriguez - Voice
* Adrian Terrazas Gonzales - Woodwinds and percussion
* Kim Humphreys - Violin
* Marcel Rodriguez Lopez - Drums, synths, and percussion
* Sara Gross - Saxophone

Check out the Omar Rodriguez Group playing "Bolling Death Request A Body To Rest Its Head On" at Fuji Rock Festival '07 in Japan:



(BELOW IS THE JAPANESE DESCRIPTION)
Mars Voltaのオマーまたもソロ! OMAR RODRIGUEZ LOPEZ 「Calibration」 (N2O) 2007.12.15 CD/IND ※日本先行発売 MARS VOLTAの中心人物、AT THE DRIVE INのメンバーとしても知られるオマー・ロドリゲス・ロペス! 6月に発売された『Se Dice Bisonte, No Bufalo』で孤高のエクスペリメンタル精神世界ジャム・セッションを打ち立てた彼が大胆にエレクトロニック・ダブ・シンセを取り込み、新たなステージに突入した傑作がここに登場!

マーズ・ヴォルタの頭脳とも称され、そのギタリスト、プロデューサー、コンポーザーでもあるOmar Rodriguez Lopezの通算4作目となるソロ・アルバムが本作『Calibration』となる。タイトルは「補整や調整処理」を意味する言葉で、コンピューター関連や、画像処理の工程で耳にしたことがある人も多いはずだ。恐らく物議を醸し出すに違いない今作を理解するにはタイトルの意味するところを理解することが助けになるだろう。オマーが今作を語る際に頻繁に登場させる"Electronic"や"Dub"、"Synth"、"Synth-Bass"といったキーワードとアルバムタイトルが暗示するもの、それがソロ4作目にして新たなステージに突入した事を示唆することとなる。回りくどい言い方をしたが、オマーは今作でディレイやフィルターなどのエレクトロニックなエフェクトを多用し"DUB"的手法を大胆に導入して、楽曲の構造やエレメンツに『Calibration(補整・調整処理)』を加えている。念のため加えておくと、楽曲は彼がアムステルダム居住時に全て書き下ろした新曲である。

オマーといえば、ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)やジョン・マクラフリン(マハヴィシュヌ・オーケストラ、マイルス・デイヴィス・グループ)と並んで称される技巧派ギタリストとしてそのスタイルを比較され、毒に独創的なインプロヴィゼーションは高い評価を得ているが、今作に於いてもそのインプロヴィゼーションは深度を増している。恐らくオマーはディレイやフィルター、ノイズなどのエフェクト処理をインプロ的(DUB的)に用いており、それがギターインプロと組み合わさることにより、それぞれが複層的、立体的に絡まり合い、音の位相や強弱などがリアルタイムで変化し、音楽的カタルシスが創造され、インプロの完成度と危険度も同時に増幅されるという奇跡的なバランスを成し得ている。

エクスペリメンタルでアヴァンギャルドな側面はソロ前作と同様に多分に感じられるが、今作はエフェクトにより音数が増え、その分一種ポップな趣も感じられる点も今作の魅力と言える。ポップ感はジャケットのアートワークも同様で、オマーの幼少期からの盟友であり、長きに渡り芸術的影響を与え合い、コラボレーションを行ってきた伝説的なグラフィティ・アーティストGREYが担当している。参加ミュージシャンはソロ前作と同様、マーズ・ヴォルタの全メンバーが参加し、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテ、ビースティ・ボーイズのバック・バンドとしてもお馴染みのマニー・マークも参加している